車を一番高く売る方法~中古車買取り情報局~

車を高く売るための方法を徹底解説。買取額を増やす方法やお得な新古車を安く手に入れる方法を紹介します。

車を売るときに必要な書類は?中古車買取りに必要な手続き

車を売るときに必要な書類は、あなたの車の名義、ローンの有無などによって変わってきます。
しかし、査定の段階では「車検証」「自賠責保険証明書」だけあれば十分です。
買取業者から求められた時すぐに出せるように準備しておきましょう。

ここでは車の査定時、売却時に必要になる書類と、保険に関する手続きについて紹介します。普通車と軽自動車では若干必要な書類が違います。
書類に不備があると査定・売却ができなくなりますので、住所や苗字に変更がないかなどを確認し、変更があった場合は、すみやかに更新しておきましょう。

車の査定の時に必要となる書類

査定をしてもらうときに用意しておく書類は、「車検証」と「自賠責保険証書」のふたつだけで大丈夫です。
基本的に車のダッシュボードなどに入っているはずです。
両方とも運転時に携行が義務付けられているものなので、すぐに用意できるでしょう。

1. 車検証(自動車検査証)

車が自動車保安基準に適合していることを証明する書類です。運転時に携行することが義務付けられています。紛失した場合は、運輸支局での再発行が必要です。

2. 自賠責保険証明書

これも運転時に携行することが義務付けられています。自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)への加入を証明する書類です。紛失してしまった場合は、保険会社に連絡し、再交付の手続きをしてください。

車の売却・名義変更に必要となる書類

車を売却する際には名義変更(移転登録)の手続きが必要になります。手続き自体は車買取業者が代行してくれる場合が多いのですが、手続きに必要な書類は自分で用意します。

1. 車検証(自動車検査証)

査定時と同じです。

2. 自賠責保険証明書

査定時と同じです。

3. 自動車税納税証明書

毎年5月に送られてくる自動車税が支払い済みであることを証明する書類です。紛失した場合は、各都道府県の税事務所または自動車税管理事務所で再交付してもらえます。
※軽自動車の場合は「軽自動車税納税証明書」が必要となります。

4. 譲渡証明書

車を譲渡し、名義変更する際に必要となる書類です。個人間での売却でなければ、業者が用意してくれるはずです。

5. 実印、印鑑登録証明書

車を売る際に必要となる譲渡証明書には実印を捺印する必要があります。実印と印鑑登録証明書を用意してください。
なお、軽自動車の場合は認印で大丈夫です。そのため印鑑登録証明書も必要ありません。

6.リサイクル券

車のリサイクル料金が支払い済みであることを証明する書類です。見当たらない場合は「自動車リサイクルシステム」のホームページから「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷して代用します。

7. 口座番号

車の売却代金が振り込まれる口座番号です。車買取業者が用意する書類に記入します。その場で現金支払いに対応している業者もあります。

その他の注意点

基本的には以上の書類があれば車の売却はできますが、名義が違う場合などは以下の書類が必要になります。
また、自動車保険の手続きもしておきましょう。

その他の必要書類
車検証と印鑑登録証明書の住所が違う場合・・・「住民票」
結婚などで姓が変わった場合・・・「戸籍謄本」
ローン(クレジット)で車を購入している場合・・・「所有権解除書類」

注:ローン(クレジット)で車を購入すると、車検証の所有者の欄が「ディーラー」「販売店」「ローン会社」などになっている場合があります。売却前に車の所有者を変更しなければいけません。車を購入したディーラーや販売店などに連絡して用意してもらいましょう。

車の売却時に必要な自動車保険の手続き

車を売ると加入している任意保険の変更手続きも必要です。
新しい車を購入して乗り換える場合と、車を手放す場合とで手続きが異なるので注意しましょう。

車を買い換える場合は「車両入替」の手続き

車を売ったあとに新しい車に買い替える場合は、自動車保険の対象となる車を変更する「車両入替」という手続きが必要です。この手続きを忘れてしまうと、新しい車で事故を起こしたときに補償の対象外となってしまう場合があるので注意が必要です。

「車両入替」は、保険会社に連絡すればすぐに対応してくれるので、新しい車が納車されるまえに手続きを済ませておきましょう。SBI損保などのダイレクト系の自動車保険は個人用のマイページから手続きが可能です。

車を手放す場合は保険の解約手続きと「中断証明書」の発行を忘れずに!

車を新たに購入する予定がなければ、自動車保険の解約をします。残りの保険期間に応じて保険料が返還されるので、できるだけ早く保険会社に連絡し、解約手続きをするといいでしょう。
また、自動車保険を解約する際には、「中断証明書」の発行をすることをおすすめします。
この手続をしておくと、新しく車を購入した時に、以前の自動車保険の等級を引き継ぐことができるので保険料を安くすることができます。

中断証明/中断証明書

契約自動車(ご契約のお車)を廃車、譲渡などで自動車保険を解約する場合にご契約者からの申請により発行されるものをいいます。この中断証明を取る手続きをしておくと、 あとで自動車保険に入りなおすときに、一定の条件を満たした場合に中断前の契約のノンフリート等級を引き継ぐことができます。
(SBI損保 保険用語辞典より)

手続きがスムーズなら車はすぐに現金化できる

必要書類の準備がスムーズであれば、手続きのほとんどは車買取業者がやってくれるので難しいことはありません。ローンなどがなければ最短でその日の内に売却できるでしょう。
手続きに手間取ると数週間~1ヶ月ぐらい売却までにかかることもあると聞きます。そろそろ売ろうかな、とお考えの場合は車の名義などをチェックし、早い内に書類を用意しておくことをおすすめします。

   

 - 車買取の基本